上部消化管内視鏡検査

こんな症状はありませんか?

  • 胸焼けの症状がある
  • 胃痛の症状がある
  • 空腹時にみぞおちの辺りが痛む
  • 食後に胃がもたれる
  • 喉に違和感を感じる
  • 黒色の便や赤黒い便が出た
  • 急激に体重が減少した
  • 吐き気、嘔吐がする
  • ピロリ菌検査で陽性になったことがある
  • 胃バリウム検査で引っかかった
  • 家族に胃がんになった人がいる
  • 40歳以上だが、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)を受けたことがない

上記のような症状に心当たりのある方は胃カメラ検査の受診をお勧めします。胃カメラ検査を実施することで、正確に病気を診断したり、隠れた病気の早期発見をすることが出来ます。

上部消化管内視鏡検査とは

上部消化管内視鏡検査とは、口からスコープを挿入して、食道や胃、十二指腸といった上部消化管を直接観察する検査です。病変を直接観察する事ができるので、非常に正確性が高い検査で、胃がん、胃潰瘍、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍などの病気を診断する事が可能です。また、病気の診断のみならず病理検査をしたり、患部が出血している場合には、止血処置を行うことができます。このように検査と処置の両方を行う事ができる非常に有効な上部消化管内視鏡検査ですが、口からスコープを挿入する際の「おぇっ」とする感覚が苦しいイメージに繋がり、抵抗感を持たれる方が多いことも事実です。当院では、より多くの患者様にストレスなく上部消化管内視鏡検査を受けていただくため、様々な配慮を施しております。

当院の上部消化管内視鏡検査の特徴

①鎮静剤を使用した上部消化管内視鏡検査

鎮静剤を使用しない通常の内視鏡検査は、嗚咽感があることで嫌悪されることも多いですが、当院では患者様に合わせて鎮静剤を使用し、できるだけ眠れるような状態で上部消化管内視鏡検査を受けていただけます。また、鎮静剤を使用することは検査の品質にも繋がります。鎮静剤を使用することで患者様の体の力が抜け、観察自体をスムースに行う事が可能となります。上部消化管内視鏡検査に不安がある方はご相談下さい。

②経験豊富な医師が対応

当院では、消化器内視鏡専門医、消化器病専門医である院長が内視鏡検査を行っています。豊富な経験で培った高度な技術や知識を持ち、精度の高い内視鏡検査を行っております。より多くの患者様にストレスなく検査を受けて頂けるように心掛けております。

③土曜日の検査

ビジネス街に立地する当院では、多忙なため平日の受診が困難な方にも検査を受けて頂ける様、土曜日の検査を行っています。時間的制約により検査の機会を得られない患者様にも寄り添い診療を行っています。

上部消化管内視鏡検査の流れ

1事前診察

医師が事前診察を行います。その上で検査のご予約となります。検査前日、当日の休薬についてご説明致しますので、普段お薬を服用されている方は、お薬手帳や飲んでいるお薬をご持参下さい。診察後に看護師より前日の食事制限や下剤の服用方法、検査後の制限事項について説明させて頂きます。

2検査の前日

検査前は絶食となります。検査の時間により絶食を開始する時間は異なります。飲み物は、透明で糖分を含まない水や薄いお茶でしたら飲んでいただけます。

3検査の当日

検査当日の朝は絶食です。検査が始まる1時間前まででしたらお水や薄いお茶などの透明で糖分を含まないお飲み物であればお飲みいただいても構いません。
検査当日は、お時間に余裕をもってお越し下さい。

4ご来院

検査の5~10分前にクリニックにご来院下さい。また、検査時に鎮静剤を使用する場合は、お車やバイク等でのご来院はお控え頂くか、ご家族の送迎でご来院下さい。

5検査

検査室に入ったら最初に胃の中の泡を消す泡消剤を服用していただきます。
次に咽頭麻酔を行い、マウスピースを口にくわえます。鎮静剤を使用する際は、注射から鎮静剤を投与します。
検査の所要時間は約5~10分程度です。ただし、詳しい検査が必要な場合には組織の採取を行いますので、その分の時間がかかります。

6検査終了

検査で鎮静剤を使用した場合は、検査後リカバリールームにて30分〜60分ほどお休みいただきます。スタッフが患者様の検査後の確認を行い問題ないと判断した時点でご退室となります。鎮静剤を使用しない経口内視鏡検査の場合は、検査後すぐに医師から結果の説明があり、その後ご帰宅となります。

7検査結果の説明

検査の結果について、医師から丁寧にご説明いたします。組織採取をした場合は結果がでるまで10日程かかりますので詳しい結果説明は後日となります。

7ご帰宅

検査後、1時間は飲食をお控えください。前日からの食事制限や下剤の服用により身体が低血糖を起こしやすい状態になっています。積極的に糖分を摂取して頂くようおすすめいたします。また、当日は飲酒や激しい運動はお控えください。

上部消化管内視鏡検査で発見される可能性のある病気

以下のような病気の診断をすることが出来ます。

  • 逆流性食道炎
  • 食道癌
  • 胃癌
  • 十二指腸がん
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃炎
  • 胃ポリープ
  • 十二指腸ポリープ
  • ピロリ菌感染
  • 胃アニサキス症

など

上部消化管内視鏡検査の費用(胃カメラ)

※この表は横にスクロールできます。

  保険:1割負担 保険:3割負担
胃内視鏡検査(観察のみ) 2,000円前後 6,000円前後
胃内視鏡検査+生検+病理組織検査 3,000~4,000円前後 9,000~12,000円前後
keyboard_arrow_up